イーサリアムの歴史やビジョンから知る未来性とは?

イーサリアムの歴史やビジョンから知る未来性とは?

イーサリアムの歴史

この数年の間で「仮想通貨」という言葉をよく耳にするようになりました。
FXや株などと並べて、投資やお金儲けといった一面的なイメージを持つ人が多く、まだまだ一般的に認知はされていないかもしれません。
ですが仮想通貨を用いた決済が可能なお店の登場などによって、少しずつ実生活にとっても身近なものとなりつつあるのではないでしょうか。

現在、仮想通貨は世界中で700種類以上存在していると言われていますが、その多くは比較的時価総額の低いコインなのが実状です。
そんな中で時価総額も高く、代表的なものとして注目されているのが、「イーサリアム」です。

イーサリアムにいては「スマートコントラクト」と「プルーフオブステーク」という2つのシステムが導入されています。
「イーサ」はイーサリアムの仮想通貨としての通貨単位ですが、その他にユーザー自身が独自に定義した契約(スマートコントラクト)を結び、財産を扱うことができます。
プルーフオブステークではブロック生成までの時間を短縮することができて、より速い取引が可能になっています。

プラットフォームとしての価値を持つイーサリアムが、この先社会的にどのような役割を担っていくのかといった点で、その動向に注目が集まっているのです。
このサイトでは、イーサリアムの過去の価格変動を中心にその歴史について見ていき、現状課題やそのビジョン、さらに今後のイーサリアムについて予想されることをまとめています。

イーサリアムの特徴

ユーザーがいちばん気になるのは、イーサリアムの未来性や将来性についてだと思います。 しかしまずはその歴史をふまえたうえで、予想される「これから」について考えていきましょう。 特にここでは、価格の流れに注目しながらこれまでの経緯についてまとめています。

現状課題とビジョン

イーサリアムは、将来への明確なビジョンを持っているため、未来性の高い通貨と考えられています。 しかし現状として、解決すべき問題がいくつか存在しているのも事実です。 ここでは、将来への展望を見据えたうえでの、これからの課題についてまとめています。

未来性はあるのか

イーサリアムのこれからについてですが、明るい見通しがあると考えられています。 アルトコインの将来性を考える際に全て共通して注目したいポイントとしては、明確なビジョンがあるか否か、といったことです。 この観点から言うと、イーサリアムには未来性があると考えて良いのではないでしょうか。

Page Top