現状課題とビジョン

現在の課題

イーサリアムの開発者であるニック・ジョンソンは、すでにこのような問題点を明らかにしています。
それは、イーサリアム内部の自動ガス(手数料)価格設定機能に不具合があるということです。
そのため多額の手数料がかかってしまうので、送金時の手数料は手動での計算が推奨されているのが現状です。

また、トランザクションの問題も抱えており、取引の遅延が生じてしまっています。
イーサリアムの特徴であり大きな長所とも言えるスマートコントラクトがその主な要因です。
1回の取引でやり取りする情報が大きくなってしまうために起こってしまう現象であり、こちらの問題に関しては、今のところ即時的な解決は難しいと言えるでしょう。
今後のアップデートに期待したいところです。

イーサリアムのビジョン

イーサリアムでは、明確なビジョンを元に、定期的なアップデートが行なわれています。
そのビジョンとは、「スマートコントラクト」、「契約の自由化」と言われるものです。
このスマートコントラクトのシステムは、色々な契約に使えるという点で世界中の大企業も注目しているシステムです。

イーサリアムの特徴として、仮想通貨による取引情報の記録だけでなく、契約情報についてもブロックチェーンを用いて記録可能であるということが挙げられます。
そのような機能をもって、売買契約の支払いが自動でできたり、その他様々な契約締結を行ったりすることができるのです。
イーサリアムのブロックチェーンは、幅広い分野で柔軟に対応えきるような設計になっています。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top