未来性はあるのか

イーサリアムの需要が高まる?

2016年には262億円程の規模だったICOの資金調達額は、2017年には3220億円にまで昇りました。
このことによりICO市場の規模と成長率が大きな注目を集めました。
さらに今後、ICOプロダクトのさらなる増加が予想され、イーサリアムの需要がより一層高まるのではと期待が寄せられています。
そしてその期待感が、イーサリアムの価格高騰へとつながるのではないかということです。

さらに今後もまたイーサリアムは数回のアップデートを予定しています。
中でも「セレニティ」という大規模なアップデートでは、ブロック作成に掛かる時間をPoSの導入によって短縮することができます。
これによって、より速い取引が可能になるので、さらなる期待が寄せられています。

アップデート時に考えたいこと

アップデート前には、不具合になるのを危惧して売却する人が増加します。
なので一時は暴落する可能性があります。
そして他の通貨でも同様の現象が起こるのですが、その暴落に合わせて買いに走る人がいるので、今度は逆に価格の高騰が予想されます。
これを繰り返しながら、本来の価格に定着していきます。
大幅な上がり下がりが不安だと言う場合には、アップデートの完了後しばらくは、売買や入出金をせずに待っていた方が良いでしょう。

契約の自由化といったビジョンを持ってこれまでも度々アップデートがなされてきました。
そういった面でも各企業から注目されてきた仮想通貨ですので、今後はまたさらなる成長が期待できるのではないかと考えられています。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page Top